巻き爪を手術で治すことができました!

再発した巻き爪!?

再発した巻き爪!?

・・・・しずかに・・・・・巻き爪は進行していたんです。

そうなんです。巻き爪という認識がないままに、ただ、指にくい込んでいる爪を切り取って、応急処置をしたのですが・・・・数週間後、また指が痛くなってしまったんです。もちろん、巻き爪のせいで・・・・。

当時の私はあまりにも簡単に考えていた節があります。というのも、応急的に爪を切ることで痛みが消えたので、その後も継続してその処置を続けてしまったんです。まあ、今のようにインターネットも普及していなかった・・・・ということもあるかもしれませんが。

深爪の危険性について

というのも、爪がくい込むのを防ぐことを考えて、深爪をしてしまっていたんです。だって、爪がくい込んで痛いですからね・・・・それが間違いだったと気づくのに時間が掛かってしまいましたが。しかし、気づいたときには、時すでに遅し・・・・という状態で、応急処置をしては再発しの繰り返しでした。

この頃には、家族に「病院に行ったほうがいいんじゃないの」。
なんてこともちらほら言われていたのですが、「大丈夫、大丈夫、いつものことだから」。
といって、真剣に聞く耳を持つことはありませんでした。だって、自分でしっかり対応できていた気になっていたんですからね・・・・困ったものです。

なので、たまに、痛みが強くなるものの、我慢できないという痛みではなく、「またか・・・」という感じで、なんとか騙し騙し対策をしていました・・・・しかし、ついに騙しが通用しないぐらい悪化してしまったのです。
⇒ 巻き爪が化膿した結果へつづく

爪の切り方について

あなたはどんな爪の切り方をしていますか・・・・もしかして、私と同じように深爪をしていませんか?もう知っているかもしれませんが、深爪は巻き爪を悪化させてしまう原因になったり、そのそも、巻き爪になってしまう原因になるので注意が必要です。

足の指の切り方の基本はスクエアオフという切り方にしたほうがいいです。なんか「スクエアオフ」という横文字でいうと難しそうな感じがしますが、単純に「深爪をしないでください」ってことです。詳しいことはネットで検索するといくらでも見つかるので興味がある方は調べてみてくださいね。間違っても巻き爪の場合は深爪をしないように^^

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional